(有)富田牧場について

日高山脈の麓、浦河町にあるサラブレッドの牧場です。今の当主で3代目です。数人の牧夫さんとパートの方々、馬を預かってくれている近くの牧場の協力を得て私たちは牧場を営んでおります。
90歳を超える両親も牧場の草木の管理、厩の周りの清掃、従業員や家族の食べる野菜の生産、朝食の準備とバリバリの現役で働いてくれています。そんな両親のお陰もあり春は5月の桜、6月のつつじがきれいです。

主な生産馬は古くはタカクラオー、ブッシャン、カミノテシオ、インターグッド、テキサスワイポン、イエローホース、メイショウエイカン、ナイスナイスナイス、ファンドリーリブリア、シーズアウーマン、メイショウマロニエ、トロナラッキー、メイショウドメニカ、ゲバルトステイヤー、ストロングポイント。
2010年以降では、メイショウアキシノ、ファインチョイス、マイネクイーン、サイイライズソア、クインズミラーグロ、メイショウクオリア、ヴェンジェンス等々の現在に至っています。

会社概要

社名:有限会社富田牧場

会社成立:1958年10月11日

代表者:富田秀一

事業内容:競走馬の生産及び管理

従業員:9人(パートを含む)

住所:〒057-0171北海道浦河郡浦河町字西舎60

オロマップ育成場(中期育成場)

富田牧場から車で5分程対岸の川上に行ったところにオロマップ育成牧場があります。広い放牧地を利用して当才(生まれた年)の10月頃から翌年の10月ころから翌年の10~11月頃まで育成します。ここは中期育成で乗り運動などは一切していません。この後、乗り運動をする育成場(富田ステーブル又は他の育成場)で競走馬としての訓練を始めます。土手の向こうの河原にも広い放牧地があります。


CEOメッセージ

CEO

CEOメッセージ

富田牧場は、より良い競走馬を生産する為に日々の馬の管理に気を配り、またよい繁殖牝馬を揃え、当牧場としてできる限りの努力を惜しまず、曾祖父、祖父から受け継いだ強い馬を作りたいという夢を持ち続け、従業員ともども生産育成を行っております。